コラム

骨盤が開いていると痩せない?

骨盤が開いたままだと痩せないと聞きました

たしかに、SNSや情報サイトなどで

「出産で骨盤が開く」
「産後も骨盤は開いたままになる」
「開いたままだと産後太りの原因になる」

といった言葉をよく目にします。

出産後は確かに体がグラグラするし
ちょっと骨盤や腰が痛かったりもする…

そんな状況だと尚更
骨盤が開いたままになってるのでは?
と不安になってしまいますよね。

 

出産で骨盤は開かない

 

出産のときに、赤ちゃんが
お母さんの骨盤を通り抜けやすいように
ホルモンの力でお母さんの骨盤は緩みます。

でも、開きはしないのです。

 

正しくは、
骨盤の関節が緩んで動きが大きくなる。

それも動くといっても数ミリ程度。

そして出産後、自然とその“緩み”は
元に戻っていきます。

骨盤のグラグラ感は歪みが原因?

 

とはいっても、
出産後の骨盤ってグラグラする感じだし
動き方によっては痛みが出たりすることも。

 

これも、骨盤の歪みや開きが原因?!
と考えがちですが、実は違うんですよ。

 

骨盤を閉鎖する筋力が妊娠出産の影響で
落ちてしまっていることが原因です。

 

そこに、姿勢や体の使い方など何かしらの
ストレスが加わって骨盤周囲の痛みに
つながっている可能性があります。

骨盤のアライメントと肥満には関係性がない

 

出産後、気になるのが体型・・

多かれ少なかれ、ほとんどのママが
出産後の体型は気になるところです。

そんなママの心理を逆手にとって

「骨盤が開いていると太りますよ」
「出産後6ヶ月以内に骨盤矯正を」

と謳っているサロンなどが多いですが、

骨盤の歪みと肥満には
医学的根拠はありません。

 

 

産後に必要なのは矯正じゃなくて正しい体の使い方

 

確かに、出産後しばらくはホルモンの
影響で関節が緩んでいる状態ですが、

このタイミングで「骨盤矯正」しても
手で押しても引っ張ってもほぼ動きません。

むしろ、関節が緩んでいるタイミングで
外から強い力を加えるのはリスキー。

 

この頃に必要なのは、

  • 体力回復のために横になる
  • 骨盤や腰に負担のかかる動きを避ける
  • 妊娠出産で低下した筋肉を優しく鍛える

 

筋力を鍛えるといっても、
頑張って筋トレをする必要ありません。

 

正しい筋肉の使い方を
思い出させてあげる程度でOKです。

 

 

ママリハの配信レッスンや
産後のからだづくりでは、産後に必要な
ケアの方法をお伝えしています✦ฺ

ぜひ一緒に体をケアしていきましょう♡