コラム

骨盤が歪んでいると言われたあなたへ

 

骨盤が歪んでると言われました

 

自分の体がどうなっているか
自分じゃ分からないから
歪んでいると言われると不安ですよね。

 

今日は、自分で骨盤を確認する方法と
骨盤の解剖をわかりやすくお伝えしますね!

 

 

骨盤の動きはかなり繊細

 

骨盤は【寛骨、坐骨、恥骨】という
3つの骨からなります。

この3つの骨がくっついている部分を
関節と言います。

この関節の部分が、
足や上半身を動かすと一緒に動きます。

といってもほんのわずかに動く程度。

 

ただ、わずかに動くといっても
動き方のバリエーションが豊富!

 

開く、閉じる、前に傾く、後ろに傾く
前にお辞儀する、後ろにのけぞる・・

 

こんな感じで3つの骨がそれぞれ動くので
骨盤の動き方のバリエーションは多く、

骨盤の動きを「反り腰」や「猫背」など
パターン化することはできません。

 

そして、ほんの少し足を動かすだけで
骨盤の動きが変化するほど繊細なのです。

 

骨盤の歪みを見るのは難しい

 

何より、正しく関節や骨を見るには
MRIやCT、レントゲンが必須です。

私たち理学療法士もこういった画像所見を
見てからリハビリを開始します。

そして患者様のお体に触れて
実際に手で触診しながら施術していきます。

 

骨盤は特に複雑な動き方をするので
手で触れるだけで歪みを把握するのは
かなり難しいのです。

 

もし、整体で

目で見るだけで、
簡単に触れるだけで、

「骨盤が歪んでいる」

と言われたのであれば
疑ってかかってもいいです。

 

姿勢の左右差と骨盤の歪みは別

 

整体院によっては、
立っている姿を後ろから写真で撮って

「肩の高さが違いますね」
「骨盤の高さが違います」
「右足に重心が乗りすぎている」

など教えてくれるところもあります。

 

ただ・・・

 

骨盤が歪んでいるから肩の高さが違ったり
重心の位置が片足によってしまうわけではありません。

 

最初にお話ししたように、
骨盤は動くといってもほんのわずか。

 

出産で関節が緩んでいる時でも
関節が動くのは数ミリ程度です。

 

なので、
骨盤の歪みが姿勢に影響していると
画像所見を用いずに断言はできないのです

 

自分で骨盤をチェックしよう

 

とはいっても、
産後の骨盤は気になりますよね。

 

大まかにであれば骨盤の動きを
自分でもチェックできるので
ぜひ一緒にやってみてください✦ฺ

 

寛骨の傾きをチェック

 

ウエストに手を置いて下に滑らせた
ときに引っかかる骨が寛骨です。

そのまま人差し指を斜め下に動かして
触れる少しだけ出っぱった骨の部分で
寛骨の傾きを確認します。

そのまま鏡の前に立って
左右の人差し指の高さの違いや
開き具合に左右差があるか
確認してみてください。

 

ちなみに、多くの方に
左右の傾きの左右差があります。

私もあります。

 

ただ、その左右差が
他の部分にどの程度影響しているか、
悪さをしているのか、
に関しては、実際にお体に触れて
みないことには断言できません。

 

人間、左右が全く平等な人はほぼいません。

 

左右差があるからといって
不安にならないでくださいね。